消費者金融の審査は総量規制に注意

消費者金融でお金を借りようと思った場合、まず一番気をつなければいけないのが借入希望金額です。

年収の3分の1以上の借り入れを希望の方は、基本的に消費者金融では借りれません。

具体的な例

  • 現在の年収:300万円
  • 借入可能金額:100万円まで

 

となっており、1円でもオーバーすると総量規制の対象になってしまい、消費者金融業者からの貸付は基本的に無理になります。

ですので、消費者金融の審査を受けるなら、必ず借入希望金額を年収の3分の1以下に抑えて申請する必要があるので注意してください。

改めて総量規制について

ここで、改めて総量規制について解説したいと思います。

総量規制とは、貸金業法によりますと

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

となっており、これは貸金業法で定められた【法律】なので、絶対的な権限があります。

この貸金業法は消費者金融の他にもクレジットカードのキャッシング枠にも適用されていますので、いわゆる【信販系キャッシング】でも総量規制の対象となることを覚えておいてください。

また、この総量規制は『借入総額』なので、例えば年収300万円の人が現在40万円の借入がある場合、今度借入を希望する場合は、最高でも60万円までしか借りれないので、こちらも注意してください(年収300万円で総量規制が100万円なので、100ー40=60万円まで借入可能)。

とにかく、消費者金融でお金を借りる場合、年収の3分の1以上は基本的に借りれないと覚えておけば大丈夫です!

年収の3分の1以上か以下かで全然違ってくる

つまり、消費者金融で借入可能かどうかは、借入希望金額が年収の3分の1以上か以下かで結果が変わってくるということです。

年収の3分の1以上の借り入れを希望の場合は、消費者金融やクレジットカード会社が発行しているカードローン以外の業者を狙うしかありません。

いわゆる【総量規制対象外】の金融業者からの借入を考慮しなければならないということです。

具体的には

  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 銀行
  • 労働金庫

などからの融資を模索するわけですが、そもそも年収の3分の1以上の借入を希望する場合、明らかに『借りすぎ』という印象を与えますので、消費者金融より審査が厳しいと言われているこれらの金融機関から多額の借り入れをするのは正直、難しいでしょう。

ただ、現在借入中である借金から乗り換えるといった用途であれば、貸付してくれる金融機関も十分あります。

しかし基本的には、年収の3分の1以下に抑えて審査を受ける方が、借入できる可能性はずっと高いでしょう。

中小の消費者金融でも無視はできない

総量規制というのは貸金業法の基に運営されている金融機関を指しますので、消費者金融の大小にかかわらず適用されます。

例えば、大手消費者金融といえば

  1. SMBCモビット
  2. アコム
  3. プロミス
  4. アイフル

の4社ですが、それ以外にも消費者金融業者は多数存在します。

具体的には

  • フクホー
  • ライフティ
  • アロー
  • キャレント

などがありますが、中小の消費者金融業者だからといって年収の3分の1以上の融資を受けることはできないので注意してください。

ただ、どうしても消費者金融で年収の3分の1以上の借入を希望する場合は、次の裏ワザ!?を検討してみてください(条件は付きます)。

総量規制対象外の消費者金融もある!?

消費者金融でも総量規制の対象外になる金融商品があることをご存知でしょうか?

それは

貸金業法に基づく借り換えローン(おまとめローン)

です。

借り換えとおまとめと業者によって呼び方が違いますが、どちらも同じような意味ですので特に問題ありません。

それよりも、消費者金融でも年収の3分の1以上の借入が可能になる画期的な金融商品として、今注目を浴びています。

ただし、借入には条件が付いてきます。

例えばアイフルの【借り換えMAX】の場合

  • 借換えの対象となる債務は、銀行や貸金業者からの借入債務のほか、クレジットカードのショッピング債務等です。
  • ご融資金は既存のお借入のご返済のみに充てられる(借換え)ことが契約条件となります。
  • カードローンではなく、ご返済のみの商品です。
  • 既存のお借入状況を把握させていただくために、例えば契約書・ATMで取引した際の明細・ご利用代金明細書等を、 提出していただく必要があります。

と、結構厳しい条件が付いています(汗)

要は、借金の返済のためなら年収の3分の1以上の借入も可能ですよ、ということなので、本気で借金を完済したい方にはピッタリですが、消費者金融で新たに融資を希望される方は、素直に総量規制内の借入希望金額で審査を受けてください。

もちろん、現在借入中の方は、その分も入れた金額で年収の3分の1以内の金額しか借りれないので注意してください!

たとえ嘘をついて審査を受けても、個人信用情報機関で照会すれば一発でバレますので、やるだけ無駄です。

というか、その後の融資も受けられなくなる可能性が高まってしまうので、嘘の申請はヤメましょう!

まとめ:借入金額が年収の3分の1以上なら審査は慎重に

消費者金融で借入を希望する場合は、絶対に総量規制の範囲内、つまり年収の3分の1以内に抑えて審査を受ける必要があります。

でも、もしどうしても年収の3分の1以上の借入を希望する場合は、信用金庫などの総量規制対象外の金融機関で審査を受ける必要がありますが、前にも書いたように、一般的に消費者金融より審査は厳しいとみて間違いないので、あまり積極的におすすめはできません。

それでも審査に通る可能性の高い属性を挙げてみると・・

  • 職業が公務員や医者など
  • 年収が600万円以上
  • 勤務期間が10年以上
  • 婚姻済で持ち家

などからどれか一つでも当てはまる属性なら、高い確率で年収の3分の1以上の融資でも受けられる可能性があります。

特に金融期間側からみて最高の属性とも言われているのが【公務員】です。

以下の記事で、公務員がいかに借入審査に有利な属性なのか、狙いたい借入業者などをご紹介しています。

逆にフリーターや派遣社員など職業や収入に不安のある方の場合、年収の3分の1以上の借入を希望したとしても、まず審査に否決されます。

また、現在借入中かどうかでも審査結果は全然違ってきます。

当然、初めてお金を借りる人のほうが審査に通る可能性が高いです。

だからといって、はじめから年収の3分の1以上の借入ができるとケースは稀だと思いますが・・

何れにせよ、一発で消費者金融や審査に通りたいのであれば、年収の3分の1以下の申請はもちろん、できるだけ少額の借入希望額で申し込んだ方が圧倒的に有利なのは間違いありません。

特選!カードローン特集