そう思ってる人はたくさんいらっしゃるかと思います。

消費者金融業者の審査に申し込む前に読んで下さい

実際「給料日前ちょっとピンチだから利用しよう」と思っても、どれがいいのか正直よくわかりませんよね。

特に初めて利用を考えてる方なら「テレビCMとかでなんとなく名前は聞いたことあるけど・・」なんてくらいしか判断材料がないんじゃないでしょうか。

しかも、各金融業者によって審査基準は異なってきますので、本当に自分に合った消費者金融や銀行カードローンを選択する自信がないなら、まず当サイトをご覧いただいてから審査に申込んだ方が、ムダな努力する必要がなくなると思いますよ。。

とにかく消費者金融や銀行カードローンの審査について知っておくべきことは「このサイトで全て解決」できるようになっています。

カードローン選びに迷ったらココ!

  1. orix

    オリックス銀行カードローン

    金利:
    年1.7%〜17.8%
    ご利用限度額:
    最高800万円
    知名度&信頼度 5.0
    商品スペック 5.0
    利用可能提携ATM設置台数 4.5
    担保&保証人不要はもちろん、面倒な口座開設も不要な銀行カードローンといえばオリックス銀行カードローンです。銀行のカードローンということで、低金利での借入が期待できることに加え、オリックス銀行という知名度と信頼度から、初めてお金を借りる方はもちろん、長期利用でも安心して利用が可能です。

    公式サイトはこちら

消費者金融(銀行カードローン)の審査~現金を手に入れるまで

ここでは、基本的な消費者金融の審査手続き~融資を受けるまでの手順を解説します。

  1. 1.ネットで審査申込

    消費者金融の申込方法はネット以外にも電話や実店舗など色々な方法がありますが、一番早く現金を手に入れられるのは、インターネットからの申し込みです。

  2. 2.本人確認書類の提出、審査開始

    本人確認の為、免許証や保険証などの証明書を提出するのですが、今はネット(スマホ)から簡単にアップロードできる金融業者が殆どです。また業者の中には、本人確認書類の提出前に、一次審査の合否を伝えるところもあります。※50万円以上の借入を希望の場合、収入証明書や給与明細などが必要になってきます。

  3. 3.見事審査合格!⇒ローン契約機でカード受け取りへ

    無事審査に合格したら、ローン契約機でカード発行します。なお、消費者金融や一部の銀行カードローンでは、指定した口座に振り込んでもらえるサービスもあります。申し込んだその日の内にカードを受け取れば即日融資も可能になります!

  4. 4.カード受け取り後、ATMで現金引き出し

    カードを受け取れば、コンビニATMなどで現金を引き出すことができるようになります。カードの使い方は普通のキャッシュカードと同じような感覚で使えますので、誰にもバレずにコッソリ借りることができます。

※各金融業者によって多少前後したり、手続きが異なります。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いは?

結論から言うと、審査内容や手続きの流れなど特に違いはありません。

ただやはり、銀行カードローンの方が消費者金融より審査基準は厳し目になっていると思っておいた方がいいです。

現に、一部の銀行カードローンでは、アルバイトやパート等、不安定な収入の人の申し込みは【不可】になっているところもあります。

ですので、収入に不安がある人は無理に銀行カードローンに申し込むより、借入が期待できる消費者金融の審査を受けることが、現金を手にいれるコツになります。

厳選カードローン一覧表

アコム

acom

永作博美さんのCMでもお馴染み!アコムは三菱UFJフィナンシャルグループだから初めてお金を借りる方も安心です。もちろんパート、アルバイトも一定の収入があれば、審査の上、借入可能。人気&実績とも申し分なく、迷ったらココ

実質年率 限度額 特徴
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短1時間の融資も可能!

プロミス

promise

テレビCMでもお馴染みの超有名消費者金融といえばプロミス。大きな特徴としてネット申し込みなら最短即日融資も可能!さらに、30日間無利息融資サービスも実施中です!
(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)

実質年率 限度額 特徴
4.5%〜17.8% 1〜500万円 女性オペレーター対応のレディースローンが登場!

SMBCモビット

商品2

「竹中直人さん」と「夏菜さん」のCMでお馴染みのSMBCモビットは、初心者だけでなく、ある程度まとまった金額が必要なユーザーにも好評な消費者金融です。金利・限度額共にバランスの取れた消費者金融として絶対的な地位を確立しています。

実質年率 限度額 特徴
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 おまとめ&借り換え用途としても人気!

アイフル

aifuru

大地真央さんのテレビCMでもお馴染みの超有名消費者金融といえばアイフル。大きな特徴としては、ネット申し込みなら最短即日融資も可能。さらに、初めての方なら30日間融資0円サービスも実施中です。

実質年率 限度額 特徴
3.0%〜18.0% 800万円以内 申し込みはスマホで完結。郵便物は一切なし!

消費者金融や銀行カードローンの審査ポイントはココ

消費者金融の場合、銀行カードローンと違い審査スピードが早いので、合否がすぐわかります。

審査のポイントとしては、一般的によく言われる

  • 職業
  • 年収
  • 結婚の有無【当然、既婚者が有利】
  • 勤続年数

ももちろん考慮されますが、それよりも

  • 他社借入件数
  • 借入総額

つまり、今借金があるか、あるならいくらあるのか、ココが非常に重要な審査ポイントになってきます。

正直、初めてお金を借りる方なら、ちゃんと収入があるパートやアルバイトでも、消費者金融の審査なら通過する可能性は十分高いといえます。

逆に銀行カードローンの場合、業者によっては不安定な収入だと借り入れできないところもあるので、例えば正社員じゃなく収入に不安がある方は、迷わず消費者金融を狙うべきです。

それくらい、他社借入経験の有無は重要な審査ポイントだといえるでしょう。

消費者金融に申し込んで審査に通るかどうかは個人信用情報と審査基準次第

どこの消費者金融に申し込み手続きをしたとしても、実際に審査通るかどうかは個人信用情報とその業者の審査基準次第になります。

審査通るかどうかは申し込む人の属性によって決まりますが、その属性が高いか低いかはその人の個人信用情報で決まります。また、カードローンの審査基準は業者によってレベル差がありますので、審査難易度が高い業者ほど属性が高くないと審査には通りません。

このことからも分かるように、自分の属性に自信の無い人ほど審査基準があまり高くない消費者金融に申し込むようにするのが賢明です。

例えば、メガバンク系の銀行カードローンなど、金利が低くて魅力的な業者ほど審査基準は高くなってしまう傾向があります。

逆に審査難易度が低いと言われている、中小の消費者金融業者ほど、金利は高めに設定されていることが多いものです。

各消費者金融業者の審査基準を確認してから申し込もう

それゆえ、どこの消費者金融に申し込み手続きをするのかは、審査の難易度と金利の高低との兼ね合いが大切になるでしょう。

ともかく、消費者金融から借り入れがしたいなら、まずは審査に通らなければ話は少しも先には進みません。

それゆえ、審査通ることを第一に考えて業者選びをする人は多いです。

しかし、申し込み前には最低限、その業者が健全な正規の業者であるかどうかは事前に確認したいものです。

怪しい業者は絶対に利用してはいけません。

ところで個人信用情報は、業者は然るべき情報機関によって正確な情報を得ることができます。

したがって、申し込む際には嘘やデタラメは絶対にいけません。

嘘はすぐにバレますし、書類に何か嘘があると、却って審査に落ちる危険は高くなってしまいます。

また、実際には働いていないのに、アリバイ会社を使って会社員を装うような行為も当然、審査に落ちる理由になりますのでご注意を。

このような行為は審査に通らないだけでなく、その後、他社へ審査申し込みをしても否決されますので、やるだけ損です。

各金融業者は、情報機関によって申し込み者の情報は共有されていますので。。

中小の消費者金融や窓口対応のみの中堅消費者金融はおすすめしない

いくら審査難易度が低いからといって、大手以外の中小消費者金融で借り入れをするのはおすすめできません(キッパリ)。

借入しやすいということは、イコール【条件が厳しい】ということでもあります。

具体的には金利ですよね。どうしても大手消費者金融や銀行カードローンより利息は高くなってしまいます。

最初は借りれればいいや、と、思うかもしれませんが、実際には、利息が高いと返済がかなり辛くなってきます。。

特に中小の消費者金融は、ネット申し込みより店舗や窓口対応での審査が未だに多いですから、お店に入ったら最後、うまく丸め込まれて高金利で借入するハメになりかねませんので、やっぱり近寄らないことをおすすめします。

審査通過するためのコツは意外なところにあった!?

消費者金融でも銀行カードローンなど、コレをすれば審査に合格する!なんて魔法のテクニックは残念ながらありません。

しかし、コレだけは最低注意しておかないと審査のスタートラインにさえ立つことができないかもしれないという「コツ」が存在します。

それは何かというと「申し込みフォーム」です。

今の時代、多くの人がパソコンではなくスマートフォン(スマホ)から審査に申し込みをします。

その際、以外と見落とされるのが「正確なフォームの入力」です。

具体的な例を挙げてみると・・

申込内容の不備
メールアドレス(ドットとカンマの打ち間違い)、電話番号の打ち間違いなど
同時申し込み
金融庁により複数申し込みは禁止されています
本人確認書類の不備
有効期限や証明写真の画質に難ありだと審査を開始することができない場合アリ

など、ザッと挙げてみましたが、どれも結構見落としていることかもしれません。

特にメールアドレスや電話番号の不備は、審査結果の連絡ができなくなってしまうので、普通なら十分合格する属性だったのに、申し込みフォームの不備で仕方なく否決・・なんてことも実際には結構ある話なんです。。

ですので、実際に消費者金融の審査を受ける前のコツというか、必ずチェックしなければならないポイントとして『正確なフォームの入力』を心がけてください。

そしてもちろん、フォームには必ず「本当のこと」だけを入力してくださいね。

間違えっても見栄をはって、年収とか「嘘」を書かないでください(^_^;)

結局は審査を進めていくうちにバレますから!