私がキャッシングを利用した時(まだインターネットキャッシングなんてなかった時代)は、通勤で使っている駅の近くにあるカードローンの無人契約機を利用しました。

駅近くではありましたが、会社とは逆方向なので誰にも見られないだろうという気持ちがあったからです。

あと会社からも近いですから、返済するのもラクかな?と思ったからです。

実際なかに入ってみると、個室みたいなところに通され、言われるがまま申込書に記入し提出、免許証を機械で読み込んでもらい、オペレーターにいろいろ質問されました。

審査は自動でやってもらえると思ったのですが、オペレーターの質問も審査の一環だったのだろうと思います。まあ、とても基本的なことなので、よどみなくハキハキと返事をすれば基本大丈夫でしょう!

とは言うものの、大丈夫だとは思ってもこういうものはやはり緊張するものですが、たぶん本人確認の電話がかかってくるまで10分くらいしか経っていないと思います。

本人確認の電話と同じくらいの時間に、在籍確認らしい電話が会社にかかっていたようです。
そうすると、そんなに時間をかけることなく可否が決まっていたことになります。

ほどなくして、結果が伝えられ、できたてのカードで隣室のATMでキャッシングをすることができました。
初めてのことなのでかなり緊張しましたが、思っていたより時間はかかっていません。

ちゃんと定職についていて収入があり、他のカードローンなどに借入がなければ、よほど大口の申込みでもない限り審査を気にすることはないと思います。

私自身、こんなに早く利用できるとは思っていなかったので驚いたほどです。

今はパソコンやスマホから誰にも知られずコッソリ借入することができるので、昔よりもキャッシングに対して後ろめたさは少なくなってきているようです。

ネットで申し込んで、コンビニのATMからお金を引き出す。
こんな使い方が今の時代、可能なんです!

たしかに、業者によっては初回無利息で借りれるところもありますので、そういったところを利用すれば、自分の貯金を下ろすよりも手数料がかからないので、賢い人は利用されてるようです。

>> 30日間金利ゼロで借入可能なカードローン

ちょっとピンチの時に助かる消費者金融(体験談その2)

ちょっとお金が足りない、給料日はすぐそこなのにと思った時、役立ってくれるのが消費者金融です。

手持ちの現金が少なくて、やりたいこともやれないという時にすごく役立ってくれます。
私も、給料日前にお金が足りなくてピンチという時によく利用しています。

ただ、最初は、本当に自分で審査に通るのだろうかと心配でした。

以前は、消費者金融は誰でも利用できるという噂もありました。

ところが、ご存知の通り2010年に総量規制が施行されて以来、厳しくなったと聞いていたので余計心配だったのです。

とはいっても実際厳しかったのは数年で、今ではその規制を緩和しようと国会で話し合われることもあるようになり、以前ほどは厳しくないようです。

クレジットカードなどを利用している方は、それを実感しているのではないでしょうか。
クレカのキャッシング(リボ)枠にも当然、総量規制は適用されるからです。

総量規制が施行された時は、私もクレジットカードのリボリビング枠が無くなってしまい困ったものですが、今ではそれも復活しています。

それを考えれば、消費者金融の審査といってもそんなに怖がることはないとは思っていたのですが、やはりどんなことが行われるのかわからないため、気になります。

そんなことを思いながら、ダメ元で申込んだにも関わらず無事通過して利用できることになった時は、私自身がずいぶんビックリしてしまいました。

まず審査に落ちるんじゃないかと思ってからです。

せっかく通過して利用できるようになったのですから、使いすぎないように節度を持って利用していこうと思っています。

計画的に利用すれば、そんなに使いすぎることはないでしょう。
イザという時に一枚持っておくと便利かもしれません。

特選!カードローン特集